予防について|愛する犬猫のためにフィラリア予防を|知っておきたい個人輸入代行
青いカプセル

予防について

コップと薬

フィラリア症は恐ろしいということで広く認識されていますが、しっかりと予防をしていれば防ぐことのできる病気です。予防の方法は主に薬の投与です。1ヶ月に1度のペースで投与すればフィラリアから身を守ることができます。

通常、薬を投与するとなれば毎日服用させます。しかし、フィラリア症の場合は1ヶ月に1度の投与となります。
どうして1ヶ月に1度のペースなのかと言うと、フィラリアが体内に侵入してから心臓や肺などに移動するまでの期間が2ヶ月かかるからです。そのため、2ヶ月間の間に薬を投与し、寄生させないようにすることが大切なのです。
また、1ヶ月に1回という投与のペースは守ることが大切ですが、ピッタリ1ヶ月でなくても大丈夫です。数日間のズレは問題ありませんので、覚えやすい日に毎月与えるようにしましょう。

また、フィラリア予防薬はずっと継続して投与しなければならないのか?というと、そうではありません。フィラリアは蚊を介して感染する病気なので、蚊の居る時期にだけ投与することとなります。蚊が発生する前月から蚊がいなくなった翌月まで毎月与えます。蚊が発生している時期というのは住んでいる地域によって異なりますので、必ず動物病院の医師に確認して投与する時期を教えてもらいましょう。

フィラリアに感染するのは犬が多いですが、猫も感染するリスクは十分にあります。そのため、猫を飼っている方も犬と同じように予防をする必要があります。